「横浜ダンスコレクション」と「ソウルダンスコレクション」— 2つのダンスコレクションによって選ばれた日韓新進振付家が、初めて出会う相手とソウル・横浜での約2ヶ月に及ぶレジデンスで共同制作に取り組む。
そこで生まれたのが「Face to Face」という作品。

「共通のイメージ」をテーマに相手を理解し、違いを認識し、互いに吸収しながらできあがった作品。

ファン・スヒョン : choreography, performance
鈴木優理子: choreography, performance


“Yokohama Dance Collection” and “Seoul Dance Collection” – Japan-Korea new  Choreographer, chosen by two dance collections,  worked on co-production,  met for the first time in about 2 months in Seoul / Yokohama.
This situation made a piece that called “Face to Face”.
The theme is “common image”, recognize the difference, and build up while absorbing each other.