BANANAは母が失語症になったことがきっかけになり、作った作品です。
失語症という病気がどういったものか、母の脳に何が起こってしまったのか、どうしても作品にする必要がありました。

なぜ、バナナはどれですかという質問で、傘の絵を指さすのか。
なぜ、ジェスチャーが私の知っている言葉とリンクしないのか。
なぜ、言葉が話せないのに私は母の言いたいことがわかるのか。

言葉と身体のつながり。
私と母のつながり。

わからないことをそのまま形に。

初演:2015年2月11日
横浜ダンスコレクション受賞者公演/横浜赤レンガ倉庫1号館
振付:鈴木優理子
出演:aokid、安敏永、鈴木優理子


BANANA is a piece that I made, triggered by my mother becoming aphasia.
There was a necessity to make this piece for myself what is aphasia and what happened to my mother’s brain.

Why do you point to the picture of an umbrella by asking which is a banana?
Why do not gestures link with the words I know?
Why do I understand what my mother want to say, even she could not speak any words.
Connection between words and the body.
Connection between myself and my mother.

What I do not understand as it is.

Premiered in 2015,Yokohama Dance Collection Prize Winners Performances at Yokohama Red Brick Warehouse I

Choreography: Yuriko SUZUKI
Dancer: aokid, Ahn min young, Yuriko SUZUKI